--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
12.17

父を見た気がした

Category: 未分類
昨日は選挙でしたね
もちろん私も夫と清き1票を投じてきました

アメリカのある人が言いました
「良くない政治家をワシントンへ送るのは
投票しない善良な市民たちだ」



そうして
投票を終えて帰る道すがら
前方の歩道に誰かが座り込んでいるのが見えました

昨日はそんなに寒くはなかったと思いますが
道路で足を投げ出し座り込むほどの
暖かさではないはず

近づいていくと
生きていた頃の父と
同じ年格好の男性です

大丈夫ですか?と声をかけても
なにも言いません
手を握ると冷えて冷たい
救急車を呼びます、いいですか?
と聞くとかすかに頷かれました

ケータイから救急車を呼び
来るまでの間
手や足を擦りながら
お名前言えますか?と聞くけど
頷くばかり
でも こういう時
何かを話し続ける方がいいと
父が生きていた頃聞いたような

父が亡くなる最後の一年
幾度となく こうして人様に助けられました

見知らぬ人の善意で命拾いした
父を見たような気がして
涙がこぼれそうになりました


けれどもあの頃
働いてる会社に何度も
病院からの呼び出しの電話があり
「またぁ?」ってうんざりして 
長引く介護に嫌気がさしてたことも事実です


そんなことを思い出してる間に
救急車が到着し隊員の方に
状況を説明して私達は帰って来ました

その後義母のお墓参りに行きました
この国の未来と
孫の未来が平穏ですごせるように
手を合わせてきました
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nagi590.blog.fc2.com/tb.php/160-174772c0
トラックバック
コメント
つぶあんこちゃん、(^_^)/おはよー

お父様の時に、同じようなことがあったんですね
その方元気になってくださってると
いいですね
優しいあんこちゃんご夫婦の姿が
浮かんできます

私の両親は元気に残りの人生を
謳歌してますが、いつそんな時が
来るかもしれません
多くの方の優しさで、守られて
いるんだなと感じました

すごいつぶあんこちゃん(*゚▽゚*)
ぽち
megudot 2012.12.17 11:01 | 編集
そんな事があったんですか?

お父様も介護大変だったんですね。
きのうはきっとお父様がちょっと思い出して!って
そう言われてるのかも(^-^)

生前は、とても優しくできる余裕ないよね。
亡くなってもっと優しくしてあげれば良かったって、私もいつも後悔してるよ('_')
すわのもりおかんdot 2012.12.17 12:56 | 編集
最近、夫とよく話すんですよ
最後までちゃんと意志を持って動ける老人でいたいね、と・・・
人様のお世話になろうと老いて行く人はいませんよね
自分の希望とは相反して病気になる事もあるでしょう
自分が老いた時にどんな姿になっているのだろうと思うと
すごく不安になる事があるんですよ

それもこれも、私達夫婦が年をとったという事ですね( ̄ー ̄;
きっしぃdot 2012.12.17 13:29 | 編集
何ていい話なんだろう。
目から熱いものが滲んで、いいたい事はいっぱいあるんだけど、
ダメだ
まとまんなくて、書けない…
ミタ 子dot 2012.12.17 15:39 | 編集
つぶあんこさんの勇気に感動しました。
いくらお父さんのことを思い出されたからといっても なかなか人助けをするにも勇気がいるものです。
政府がコロコロ変わって 国も当てにならない今日この頃、
お金の価値もこれからはどんな風に変化していくか分かりません。
最後はこうした 人と人との関わりが一番頼りになるのではないでしょうか。
dot 2012.12.17 16:06 | 編集
そうなのよ、
父もね、脳梗塞で体が不自由だったから
外で動けなくなって
知らない人に助けていただいたこと
よく合ったのよー

うん人間って捨てたものじゃないね、
いい人いっぱいいるよ。
つぶあんこdot 2012.12.17 17:04 | 編集
普段そこはめったに通らないんだけど
投票に行った帰りで
ブラブラ歩いてたんよ。
他にも父子連れの人も
声かけとかしてくれてたし
みんないい人いるよー
119とかかけたら緊急通報番号って
履歴に残ってるわ。
つぶあんこdot 2012.12.17 17:11 | 編集
そうそう、うちはね父が
要介護5の人で助けなしでは生きていけないのよ。
それは一番本人が辛かったと思う。

それを見てたから自分の老後いつも
考えさせられていたんだけど、
なりたくてなるんじゃないですもんね。


つぶあんこdot 2012.12.17 17:18 | 編集
ミタ子さん、優しいから…

他にも父子連れの方も一緒にいて下さったんですよ。
選挙だから良かったのかも。
普段なら寒くて誰も歩いてなかったかも知れないです。

父の恩返しです、また私も誰かのお世話になるかもです。
つぶあんこdot 2012.12.17 17:23 | 編集
ありがとうございます、夫もいたし
他にも父子連れの方もいらっしゃったので出来た事です。
一人だったら出来なかったかも知れませんよ。

そうですね、無関心な人が多くなったと言われますが
昨日はそう思いませんでした。
なかなか人間も捨てたものではないと実感しました。
つぶあんこdot 2012.12.17 17:28 | 編集
つぶあんこさんのお陰で
そのお爺さん、命拾いしましたね!
無事、ご家族のもとに帰っているといいですね。

私の父は本当に突然、意識が亡くなり
その後2週間ほどで逝ってしまったのですが
その時の父の姿を思うと、今も胸がキュンとします。
つぶあんこさんの文章を読んでいて
「ああ、みんな色んな思いを抱えて親を看取っているのだな・・」と
何だか涙が出て来ちゃいました。
エミdot 2012.12.17 17:32 | 編集
孫の未来が今の大人が作った借金を払わなくてもいい社会になって欲しいものです。
追伸
無理せず、体をゆっくり休ませ一日も早くガセを直してください。
楽しいお正月が待っていますヨ
purotokodot 2012.12.17 18:00 | 編集
投票のあとにそんな事が・・・
1秒を争うこともありますので、良い事をされましたね~つぶあんこさん
なかなか見ても出来ない事ですよ

これからの日本、どうなるんでしょうか
当選してからも国民のために働いて欲しいですよね
私も介護が目の前です
pukurindot 2012.12.17 19:15 | 編集
見知らぬ男の人の手足を擦ってあげるなんて、なかなかできないことだと思います。つぶあんこさん、心底優しいのですね(感動だわ)

義母さん、お祈りを快く聞いてくれることでしょうね。
人って、辛い思いを通り越すたびに優しくなっていくような気がします。
ちょみみdot 2012.12.17 20:06 | 編集
そうなの、エミさんとこは
あっという間だったのね。

うちは10年位介護したのよー
大変だった。
みんなそれぞれだね、もうすぐ
また自分の番だわ。

詳しく言うとね、救急車がくる少し前
男性のポケットでケータイが鳴ったのよ。
で、事情説明したらすぐ行きますって。

でも会ってないのよ、救急車が来たら
夫が早くかえろって。
つぶあんこdot 2012.12.17 20:13 | 編集
ハイ、ありがとうございます。
ブログのとおり休みます。
つぶあんこdot 2012.12.17 20:16 | 編集
ちょうど、投票日だったので
結構人がいたんです。
他の人も親切でしたよ。
救急車を誘導してくれたり、私が119に
電話してるのを横で住所を言ってくれたり、
世の中捨てたもんじゃないと思いました。
誰かが最初の一歩を踏み出せば
みんな後に続いてくれるものなのね。

私は10年介護したよ
頑張って!
つぶあんこdot 2012.12.17 20:22 | 編集
やっぱり、恩返しなのかな。
父を思い出して、
そのまま立ち去るなんて出来なかったよ。

そうよね、私はまだまだだけど
ほんとに優しい人いるよね。
どうしたらああいう人になれるなかしら
って思うわ。
ちょみみさんも、ブログの中に優しさが滲んでますよね。
ほんわかしたものが伝わってくるの、癒されるわー
つぶあんこdot 2012.12.17 20:30 | 編集
父が散歩に出かけると、帰ってくるまで家をあけられません。
もし何かあったら、家に電話があるはずって思うから。
もし何かあって、通りがかりにつぶあんこさんのような方が親切にしてくれたら、
すごく感謝します。ありがたいです。
関係ない人のことなのにとっても嬉しい気持ちになりました。
ぐりぐらdot 2012.12.18 08:09 | 編集
父が生きていた頃はいつも
そんな心配してました。
仕事してる時に病院から電話があると
「だから不自由な体やからうろうろしたらあかん
って、ゆうてるやろ!!」って父にきつく当たっていました。
優しさの余裕がなかったですねぇ。
もっと優しくしてあげればよかったと思う事あります。
だから、ほっとけなかったです。
後悔 恩返し 等々
つぶあんこdot 2012.12.18 09:17 | 編集
あぁ、通り過ごしてるかもしれないです(*_*)自分が経験して見えることってありますよね…子供産んで、階段前で止まってるベビーカーの人を助けるようになりました。もっと周りが見える人間になりたいです。先日電動車椅子で歩道に駐車してる車が邪魔で困ってるご老人が居たので、私は横を車で通ったのですが夜で急いでて「車をどけて」の意味でクラクション鳴らしただけでした(*_*)高齢化社会でこういうことも増えるのだろうなと感じる瞬間多々有ります。できる限り健康で長生き、したいものです。
momo37dot 2012.12.18 16:33 | 編集
そうね、父がそうだったから目に付いたけど
娘は酔っ払いと思って通りすぎるって、言ってましたね。

買物されたスーパーの袋とか杖が散らかってたので
実際の状況っていうのもありますけど。

でも人間やっぱりいい人だと思います。
私が最初の一歩を踏み出したから
あとで皆も声かけやら誘導やらして下さいました。
最初の第一歩を誰が踏み出すか、ではないでしょうか?
つぶあんこdot 2012.12.18 17:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。