--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.27

介護について

Category: 未分類
ブロ友さんのコメントに
介護の大変さを
えらそうに書き連ねてしまいました

介護といっても
人それぞれその人なりの物差しがあって
どの程度の介護が大変であるか
大変でないかは人によって違うのです

私よりもっと過酷な介護をしてきた方が
全然大変じゃなかったよ
と言われることもあるだろうし

要はその人の心のありようで決まるのですから

どうせなら介護を楽しむことにしよう
と決意されたブロ友さんに

自分の尺度で
水を差すようなことを言ってしまったことが
とても恥ずかしいです

きっと彼女は私なんかより
とても思慮深い方なので
軽々しく書かれた記事ではない筈

どうか介護を前向きに捉えてくださいね
そして私のつたない経験が必要であれば
いつでも力になりますからね

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nagi590.blog.fc2.com/tb.php/221-c216cda7
トラックバック
コメント
水を差す、なんて そんなことこれっぽっちも思ってないですよ^^
実際に経験された上でのお話は 本当に私の糧となりありがたかったのです。
不安ばかりが先に走り 右とも左ともつかない身としては
介護の「か」の字も分かっていないもので 
あまりにも安易に考えすぎなのかもしれないと 少し反省もしています。

今日 本屋さんに行って介護コーナーを見ると ものすごい数の本が並んでいて、
介護について少しでも知識を得ることは とても大事なことだと思ったところです。
これからちょっとずつ勉強しようと思ってます。

「要はその人の心のありようで決まるのですから」
今日はいい言葉を教えてくださいました。
つぶあんこさん ありがとう!!
おかっぱたこdot 2013.02.27 14:57 | 編集
子育てが終わったら次にやってくるのは親の介護。
みんな通る道なんでしょうね。

うちも、脳梗塞で片麻痺の義母と、認知症で車椅子の母親の
どっぷりW介護中^^:
数年前に、へルパーの資格もとったけどあんまり役に
たってないかな~

今は、色々な介護サービスもあるしそう言うの利用して
頑張りすぎない介護やってるよ。
本当に介護も十人十色・・・何がベストなのかな分らないけど
自分が老いた時の勉強だと思ってます。

今日は真面目にコメしてみました<(_ _)>
もねのかぎしっぽdot 2013.02.27 16:01 | 編集
ちょっと、介護を経験したからと
ほんとに偉そうなこと書いてしまったなぁと
すごく反省です^^;

でも、一応なんでも経験してるので
グチを言って下さい。
グチを聞いてもらう事がストレス発散になりますので。

今はその時の為に体力、気力蓄えてくださいね。
つぶあんこdot 2013.02.27 17:16 | 編集
もねさんとこと一緒だ。
うちも脳梗塞の父と認知症の母の
W介護でした。
目いっぱい介護サービスを利用しても
まだまだ大変だったなぁー
もう今は母だけになってしまって
妹に任せきりになってるけど。

そうそう、自分が老いた時の勉強ですね。
私は娘に自分の介護をまかせたくないということを
思うようになりました。
つぶあんこdot 2013.02.27 17:30 | 編集
私の夫は男3人の3番目~ここでは話せないようないろいろの事がありました。
義母が寝たきりになった時
夫と2人で毎朝おむつ交換に行きました。
おむつを無意識に外している事が多かったので
体を拭いて全部着替えさせ布団のカバー交換して
40分位で終わらせ家に帰って洗濯
本当に今思うとよくやったなぁ~と思います。

何故かそういう時って身内でいざこざおきるんですよね!
その後義母は特老に入りました。
私もあんこちゃんのように娘には・・・頼みたくないです。
今は嘘のようにいざこざおさまっています。
えこおばちゃん(フク・プー・ポーハハ)dot 2013.02.27 18:45 | 編集
みんな介護の経験あるんですね~
まだ未体験なので、本当にのほほんと私もコメントしてしまい
つぶあんこさんのコメントにずし~んと来ました
想像したくない自分がいるんですよ
実体験の話はためになります
ありがとうございます
pukurindot 2013.02.27 19:12 | 編集
そうですね・・・
下の世話なんかここには書けないですね。
みんな大変な思いしてるんですねー
だからこそ娘には同じおもいをさせたくないんですよね。

認知症の母がいるので
まだ終わってないんですよ。
ガンバロ!
つぶあんこdot 2013.02.27 20:03 | 編集
プクちゃんはまだお母さんに甘えに行ってるんだから
まだまだかも知れないけど、
うちの母も突然おかしくなりましたよ。
脅かす訳じゃないけど
認知症が突然やって来た感じ。
しっかりしてた母が懐かしいです。
あの頃の母に戻ってもらいたい
今はそんなふうに思ってます。
つぶあんこdot 2013.02.27 20:10 | 編集
介護の話は、今私にとって最も興味のあることなんです。
同居の義母がアルツハイマーと診断されて2年くらい経ちました。
実家の母はシッカリしていた筈だったのに
最近急に物忘れが激しくなって
今は義母を追い越してしまった感じなんです。
二人の母の事、これからどうなるかと不安がいっぱいです。
つぶあんこさん、私も何かの際には、色々お聞きしたいです。
その時はよろしくお願いしますネ。(^^)
エミdot 2013.02.27 20:27 | 編集
私の両親はお陰様でめちゃめちゃ元気です
でもいつ介護が必要になるかもしれないですよね
お姑さんとは同居していましたが
癌で入院をして、そのまま4ヶ月後に亡くなったので
介護は何もしてあげられませんでした

介護のことほとんど考えたこともありませんでしたが
少しは考えるようにしないといけないなって思っています
megudot 2013.02.27 20:40 | 編集
介護。。。自分もそうなることもあるだろうし
なるべく相手の気持ちになってお世話してきたつもり。
私も主人お母を、車で一時間かけて通ったり。

難しいわね~いろんな立場や気持ちもそれぞれですもの。

近かったらもっと楽だったかなとか私も思ってたけど
それでも私なりに頑張ったつもりだけど。
繰り返す会話にも初めてのように聞いてあげるのも結構大変笑

でも自分だったらこうして欲しいかなって思って、して上げることしかできないね。

私はなるべくぼけないように←もうかなり健忘症だけど。
子供に迷惑かけないようにしたいけど。。。こればっかりはね。

satokodot 2013.02.27 22:41 | 編集
介護未経験で、コメントさせて頂くのをためらってました。
でも、つぶあんこさんやみなさんの経験を読ませて頂いて、
いつ自分の身におきてもおかしくないって、痛感しました。
今は、実母だけが元気でいるんですが、あと数年で八十才・・
最近は、さっき言ったことも忘れたり。
見た目が元気なんでつい、軽く考えようとしていたのかもしれません。

心の準備を頂けて、有り難いです。
これからは、母の老いを真剣にとらえようと思います。
めんめんdot 2013.02.27 22:42 | 編集
二人のお母様大変ですね。
うちも母の認知症は「いつのまにか忍び寄ってた」
って感じでした。
父が脳梗塞や心筋梗塞を何度も再発し
入退院を繰り返していたので
母の変化に気付けないでいたんですね。

私もまだ母の介護の途上なんですよ、
私こそいろいろ教えて下さいね。
つぶあんこdot 2013.02.28 09:08 | 編集
私の友達の中にも
両親がまだまだ元気な人や
両親とも癌などであっという間に逝ってしまって
介護の経験がない人、いますよ。

どうなのか解らないけど
私はさっさと逝きたいと思うんです。
介護はする方もされる方も
お互いが辛いです。
つぶあんこdot 2013.02.28 09:14 | 編集
亡くなってしまえば
もっと優しくしてあげればよかった、とか
もっと楽しく過ごさせてあげれば・・とか
後悔ばかりになりますが
その時はもう無理と泣きたくなるようなことが
何度もありましたね・・
satokoさんも介護されてきたんですねー

私も子供に介護はされたくないし
もうあんな思いを子供にしてもらいたくないです。
つぶあんこdot 2013.02.28 09:22 | 編集
あら~めんめんさんとこはお母様まだ70代ですか?
私なんか、もう自分の老いが始まってるので
母と言うより自分の介護をどうするかって
考えてます(笑)
とにかくピンピンコロリで逝きたいので
運動、食事管理等気をつけてますよ。

それはやっぱり介護の大変さを経験したからでしょうね。
ウンチまみれになりながら処理を終え
泣いてしまった事もありますよ。
自分がこんなことをさせられてるとかじゃなく
プライドの高かった人がこんな姿で・・
それを思うと辛かったですね。

助言なんてできないけれど
グチを聞いてあげれると思います。
結局はグチを言えることが大事だと思うんですよ。
つぶあんこdot 2013.02.28 09:45 | 編集
はじめまして ふんわりといいます。
私も80歳を越える認知の父がいて主に母が介護するという老老介護です。
私ももちろん介護の手伝いをしています。
こういう現実は進行することはあっても改善したり止まることはない。
それなら認知の本人は少しでも心地よく生きられるように
そして看る方も少しでも余裕を持って世話ができるように。。。
むつかしいことですが、使える公的援助をフルに利用してでも。
先が見えない長いマラソンですから
突っ走りすぎて共倒れにならないようにしてこうと母と話しています。
自分の体力にも自信がなくなってくる年頃ですが
考えすぎると不安になるので今をがんばろうと思っています。

いきなりのコメント失礼しましたm(__)m
ふんわりdot 2013.03.01 00:53 | 編集
はじめまして!
コメントありがとうございます。

ふんわりさんも介護されてるんですね。
私達もケアマネさん、ヘルパーさん、と二人三脚で
介護にあたってきました。それでも長引く介護は
心の閉塞感を伴いますね。ゴールが見えないですから・・
見えないと言うよりゴールがハッピーエンドじゃないですものね。

息切れされない程度に
ときどき息抜きもしながら
介護がんばってくださいね。
つぶあんこdot 2013.03.01 09:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。