2016
05.14

もうすこし あんずのことを聞いてください

Category: 未分類
2月28日
亡くなる5時間ほど前

風もなく穏やかな日でした
きっと桜が咲く日もこんな日だろう
と思わせるような・・

多臓器不全で苦しんでいたあんずが
そのときは穏やかな顔を見せていました

夫と二人
そうだあんずを散歩に連れて行こう
いつもの公園にいこう
とてもいい思いつきでした

あんずをおくるみにくるみ
ひなとここを連れて
いつもの散歩に出かけました

もうほとんど
力のないあんずでしたが
少し首をあげ
空を見て
公園の空気を吸い込んだように見えました

さくらの蕾が膨らんでいて
今にも花が開きそうでした

『ほら、あんず
この桜が咲くまで生きていようね』

そう言ったのに
5時間後の18時32分あんずは
静かに息を引き取りました

身を切られるような
辛い日々
あんずの汚物さえも
大事な宝物になり
捨てられない日々
そうして迎えた初めての月命日

その日はまた
公園の桜がぽつぽつと咲き始めた日でした


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nagi590.blog.fc2.com/tb.php/297-44c89252
トラックバック
コメント
ほんと、いくら時間が経ってもお空へ旅立った子に
逢いたい気持ちがぬぐえませんね

私も風花が亡くなる少し前 一緒に名残桜が咲いてる
河川敷でゆっくり過ごしました
その後 発作が起きるなんて想像もしなかったです

名前のように 風にのってやって来た優しい花のような子だったな・・
あんずちゃんも桜と春の香りにきっと和んだと思いますよ
ふぁん太母dot 2016.05.15 11:19 | 編集
コメントありがとうございます。
風花ちゃんも頼りなげな
ほんとに名前のように風に乗っていってしまった
儚い妖精のような子ですね。
ふぁんたくんもいきなり独りぼっちになってしまって
さみしいでしょうね。

今は3年前のあんずが来る前の日常になってしまって
あんずがいたのかもわからないような
夢かまぼろしだったのかと思ってしまうぐらい
あんずの痕跡がないんですよ
それが悲しくて。

だからブログに残そうと・・
こんなブログにおつきあいありがとうございます。

つぶあんこdot 2016.05.15 16:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top