2017
06.21

からだを作る物

Category: 3ワンコ
私の体は
私が食べたものから作られています

と同じように
ひなちゃんとここちゃんも
食べたものから作られているんです

半年ほど前から
ドッグフードをカナガンに変えました

そしたらミラクルが起きたのです

長年の悩みだった
涙やけ 食糞  イボ
がなくなりました

マルチーズの特徴でもある真っ白な被毛も
涙やけで顔が真っ赤になるほどで
毎日拭いても拭いてもきれいにならなかったのに

そして食糞との戦い
相手もさるものでしかられるとわかっているので
私が見ていない時を狙って
ウンチをし即食べるという悪賢さ

そしてココちゃんのイボ
あんずとおなじで体中に出来ていました

カナガンのドッグフードに変えて
最初に気づいたのは涙やけで
いつも流れていた涙がとまり
顔がすっきりとしてきました
ココちゃんのイボも不思議なことに
小さくなり幾つかはきれいに消滅していました

最後に食糞は
すっかりいつの間にか忘れていたほど
気がつけばあの戦いがなくなっていたのです


カナガンのドッグフードは
お値段が少し高いですが
いろんな高級サプリを飲ませていたので
それがいらなくなったことで
むしろ安くなったように思います

私もワンコたちも年老いてきたので
健康で元気で長生きしたいと思います

それには良い物を食べて
からだを作っていきたいですね
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
06.06

二上山

Category: ひとりごと
私の住んでるマンションのベランダから
真正面に二上山が見えます

雄岳と雌岳という二つの頂をもつ
双耳峰といわれいにしえの人々からも
愛された山です

亡くなった母もよくハイキングに
行ったものでした

日曜日夫と
この山へハイキングに行きました

雄岳山頂には
謀反の罪を着せられ自害させられた
大津皇子の墓があります

万葉の昔を偲んで
母を偲んで

二つの山を登りました
Comment:0  Trackback:0
2017
05.27

神様がくれた病気

Category: ひとりごと
母の野辺送りの日は
悲しいくらいいいお天気でした

十数年前に認知症を発症してから
だんだんと母が母でなくなっていく様を

時には悲しく思いながら
時には長引く介護にいつまで続くのだろうと
苦々しく思いながら
決して親孝行娘とはいえない私は
淡々と見ていました

けれども最後の一年は
認知症特有の多幸症だったのか
天使のほほえみを浮かべて

長年の介護のつらさを忘れ
愛しいと思えるほど
私を和ませてくれました


認知症は神様がくれた病気と言われます

辛かったことも
悲しかったことも
痛いことも
怖いことも
すべて忘れて
でも きっと
楽しかったことと
愛した人は最後まで忘れなかったと
わたしは信じています


5月16日
その日は天国から
父が迎えに来ていました
母がしきりに天井を指さしていましたから

やっと
お父ちゃんのところへ行けるんやね
体をさすり続ける私に
ゆっくり寝やして
と言ったのが母の最後の言葉でした


Comment:2  Trackback:0
2017
03.26

保護犬 凛ちゃん

Category: 3ワンコ
娘が保護犬を迎えました
トイプードルの凛ちゃんです

IMG_3751.jpg

IMG_3750.jpg

凛ちゃんは生まれつきすべての四肢が悪く
繁殖業者の元で売れない子犬として捨て置かれていました

見かねたボランティアさんが保護したのですが
多頭飼育で崩壊寸前となり
行き場をなくした凛ちゃんは
転々として福井から大阪に来ました

運命と言う言葉で安易に決められる事ではないのですが
凛ちゃんを初めて見たとき
あんずの保護時の
頼りなげなどこか不安げな顔と重なり
どうしても凛ちゃんを引き取りたいと思いました


凛ちゃんは
身体障害児です


Comment:0  Trackback:0
2017
03.13

傾聴ボランティア

Category: ひとりごと
はじめて講座に行ったのは
2年前の7月でした

それから
9月に老人ホームで
傾聴ボランティアをして

1月に傾聴ボランティアグループ
「カインド」を立ち上げた時
会員はほんの数人でした

その後
産業カウンセラーKICOKA33さんを講師に迎え
講座を開いたり
自分たちで講座をやらせて頂いたり
会員は20人近くになり

活動の場も
老人施設が主ですが
広がってきました


さて
傾聴ボランティアっていったい何?
って思いますよね

相手の話を
めいっぱい聞いてあげること

それだけなんです

話を
遮ったり、言葉尻を取ったり
非難したり、否定したり、説教したり
それは絶対NGです

その人に共感して聞くだけ


Comment:0  Trackback:0